ブログ/メディア様にビジネス記事を定期納品
ビジネス記事制作サービス

【PR】受注実績1,000件突破

ビジネス専門/SEO記事の制作を依頼

看護師の給料アップの方法とは?稼げる資格と転職で利益の最大化を追求

【景品表示法対応】本ページはプロモーションが含まれています。

Study

看護師さんは患者さんの健康と安全を守るため、日夜、尽力されています。その献身的な仕事ぶりと比較して、看護師さんの給料が十分でないと感じることは、多くの方が共感するところです。

看護師さんが持つ専門的なスキルや経験は、その貴重さと引き換えに適切な報酬を受けるべきです。トレンドを押さえた資格取得や、キャリアパスを見直すことで、報酬を最大化させる道があります。具体的な方法や、どのような資格が有益か、そしてどのように職場を選ぶべきかについての詳細を本記事で詳しく解説しています。看護師さんのこれからのキャリアに、ぜひお役立てください。

看護師の給料をアップさせる具体的方法

  • 資格取得
  • 転職・キャリアチェンジ
  • 副業・兼業
  • 独立・開業
  • フリーランス看護師
  • オンライン活動
  • ボランティア活動

看護師の給料をアップさせる方法は、様々なアプローチが考えられます。以下、いくつかの手法をご紹介します。

資格取得

看護師のスキルアップには「認定看護師」や「専門看護師」の資格が効果的です。これらの資格は、専門的な知識と技術を身につけ、患者へのケアの質を高めるもの。資格取得にはコースや試験が必要ですが、専門性が評価され、給与面でのメリットも期待できます。

転職・キャリアチェンジ

看護師の給与は勤務地や施設によって大きく異なります。高給与をオファーする病院やクリニックへの転職を検討しましょう。転職エージェントを利用して、スキルや経験を最大限に活かすポジションを見つけることが重要です。

副業・兼業

看護師の専門知識を活かしたコンサルティングやオンライン講座の開設も一つの手段。看護師の経験を活かしたブログやYouTubeチャンネルも、広告収入やスポンサードコンテンツを通じて収益化が可能です。

独立・開業

ホームケアサービスや看護相談所の開業も選択肢の一つ。ビジネスプランの策定や資金調達の方法を学び、地域社会に貢献するサービスを提供しましょう。

フリーランス看護師

フリーランス看護師として、自分のスキルを直接施設に売り込む方法もあります。複数の施設と契約を結び、多様な経験を積むことでスキルを高め、収入もアップします。

オンライン活動

SNSやブログでの情報発信も有効。看護師としての経験や知識を共有し、フォロワーを増やすことで、オンライン上での個別相談やセミナーを有料で提供する方法もあります。

ボランティア活動

災害ボランティアなどに参加し、その経験をブログやSNSで発信することで、看護師としてのブランディングを強化。これが転職や副業に繋がるケースもあります。

看護師さんが取得すべき稼げる資格

稼ぐという目的のために資格を取得する方は少ないのかも知れません。自己実現の一環として、もしくはキャリアアップの狙いで資格を取得される方の方が多いでしょう。

ここでは、俯瞰的に具体的に看護師さんが取得すべき稼げる資格を紹介します。

認定看護師

認定看護師は特定の領域で高度な専門知識と技術を持つ看護師です。例えば、がん看護認定看護師なら、がん患者さんの特有のニーズに対応できるスキルがあります。これにより、専門的なケアチームに参加するチャンスが増え、給与面でも評価されることが多いです。

資格取得には、約2年間の専門教育と実地研修、そして国家試験の合格が必要で、コストは約30万円程度となります。

参照:「認定看護師 日本看護協会」

認定感染制御看護師

感染症の予防と管理に特化した認定感染制御看護師は、医療機関での感染拡大を防ぐ重要な役割を果たします。特にパンデミック時にはその専門知識が強く求められ、給与面でも評価される傾向にあります。

資格取得には、感染制御に関する研修(約1年、20万円程度)と試験の合格が必要です。

参照:「感染管理認定看護師の活動」

認定糖尿病看護師

糖尿病患者のケアと教育を専門とする認定糖尿病看護師は、患者の自己管理をサポートします。食事やインスリン治療の指導など、多岐にわたるサポートが可能で、専門クリニックや病院での需要が高まっています。

資格取得には、糖尿病ケアの研修(約1年、15万円程度)と試験が必要です。

参照:「看護のスペシャリスト 糖尿病認定看護師」

認定精神保健看護師

精神保健の専門家として、精神的な課題を抱える患者のケアとサポートを行う認定精神保健看護師は、精神科クリニックや病院、地域の精神保健活動において中心的な役割を果たします。

資格取得には、精神保健に関する専門的な研修(約2年、40万円程度)と国家試験の合格が必要です。

参照:「精神科認定看護師制度」

小児救急看護認定看護師

小児の特有のニーズに応える認定小児看護師は、小児科病院や一般病院の小児科で活躍します。子どもたちとその家族に対する包括的なケアを提供し、その専門性は高く評価されています。

資格取得には、小児看護の専門教育(約2年、35万円程度)と試験の合格が必要です。

参照:「小児救急看護認定看護師会」

災害支援ナース

災害時の医療活動を専門とする災害支援ナースは、災害医療チームの一員として、災害現場での救護活動を行います。災害医療の専門知識とスキルが求められ、その活動は非常に評価されます。

資格取得には、災害医療に関する研修(約1年、25万円程度)と試験の合格が必要です。

参照:「災害支援ナースの活動」

オンコロジーナース

オンコロジーナースは、がん患者のケアに特化した看護師で、化学療法の管理や副作用のケア、患者のサポートを行います。がん治療は多岐にわたるため、この分野での専門知識は非常に価値があります。

資格取得には、専門の研修プログラム(約6ヶ月、約20万円)と認定試験の合格が必要です。

参照:「Oncology Nurse」

パブリックヘルスナース(保健師とのW)

パブリックヘルスナースは、地域社会全体の健康を向上させる活動を行います。予防接種プログラムの推進や健康教育など、多岐にわたるプロジェクトに関与します。地域の健康をサポートするこの職種は、行政やNGOなど、多様なフィールドで活躍の場があります。

資格取得には、公衆衛生の基礎教育と実習が必要で、コストは約50万円、期間は1年程度です。

参照:「医療安全の確保に向けた保健師助産師看護師法等のあり方」

英語/外国語

看護師の皆様が英語や他の外国語を習得することは、国際的なキャリアパスを広げる魅力的な選択肢となります。特に英語圏の国々では、医療現場でのコミュニケーション能力が重要視され、看護師不足も指摘されています。

円安の影響を受け、海外での報酬が相対的に高くなる可能性もあり、経済的なメリットも見込めます。また、国際的な認定資格を取得することで、海外での就業機会が一段と広がり、専門性を高めることができます。看護師としてのスキルを国際舞台で発揮し、世界を舞台に活躍する道も開かれます。

参照:「医療機関における外国人患者の 受入に係る実態調査」

参照:「スタディサプリEnglish ビジネス英語

アロマセラピスト

アロマセラピストはエッセンシャルオイルを用いた心と体のケアを提供します。看護師としての基本的な医療知識を背景に、患者さんやその家族へのメンタルケアやリラクゼーションをサポートすることができます。

資格取得には、アロマセラピスト養成講座(約6ヶ月、10万円~20万円程度)を修了し、試験に合格する必要があります。医療現場でのストレスケアやリラクゼーション提供に役立ちます。

参照:【日本統合医学協会】メディカルハーブの資格取得

参照:メディカルアロマ検定 公式サイト

ペットセラピスト

ペットセラピストは、動物を介したセラピーを提供し、患者さんの心理的・身体的な癒しをサポートします。特に高齢者や子ども、障害を持つ方々と動物との交流を通じて、コミュニケーションのサポートやリハビリテーションを行います。

資格取得には、ペットセラピスト養成講座(約3ヶ月、10万円~15万円程度)を修了し、試験に合格する必要があります。医療現場での心のケアやコミュニケーションの一助として活用できます。

転職で利益の最大化を狙う

公式サイトへのリンク特徴求人数
全国12万件の看護師求人まとめて検索!【看護師求人EX】複数の看護師求人サイトの情報をまとめて検索12万件
転職活動を全面サポート!【レバウェル看護】24時間電話対応11万件
看護師の転職なら【医療ワーカー】転職成功実績10,000人!6万件以上
【ナースではたらこ】総合求人情報ポータルが運営9万件以上
MC─ナースネット雇用形態で検索2万件以上
ナースパワー人材センター厚生労働大臣許可30周年4万件以上
看護師専門の転職サイト【ナースジョブ】専任キャリアアドバイザーが対応3万件

看護師の皆様、手に職を持つ貴重な立場から、多様な職場を比較し、選択することができます。転職は自身のキャリアとスキルを最大限に活かすステップとなります。ここでは転職を成功させるために重要なポイントを分かりやすく解説します。

スキルセットの明確化

現在持っているスキルと経験を明確にし、それが新しい職場でどのように活かせるかを具体的に理解しておくことが大切です。

市場価値の把握

自身のスキルセットが業界内でどれほどの価値を持つのかを把握し、適切なポジションと報酬を交渉の材料として活用します。

海外を見据えた転職戦略

円安の影響もあり、海外で稼ぐ日本の若者は増えてきています。特に英語圏の先進国では看護師の月収が100万円以上になることもあります。

参照:「特定技能人財の採用なら【特定技能の窓】

キャリアパスのプランニング

単なる現職のステップアップではなく、中長期的なキャリアパスを視野に入れ、将来的にどのようなポジションを目指すのかを明確にします。

ネットワーキング

看護師としての専門的なスキルだけでなく、業界の人脈も転職成功のカギとなります。SNSやオフラインイベントでのネットワーキングを積極的に行いましょう。

専門性の拡充

現場での経験はもちろん、専門的な資格や研修を通じて、他の候補者と差別化できるスキルを身につけることも視野に入れましょう。

転職エージェントの利用

経験豊富なエージェントは、市場の動向や求人情報、さらには交渉のプロセスでもサポートしてくれます。

オンラインプレゼンスの強化

LinkedInなどのプロフェッショナルネットワークを利用して、自身のスキルと経歴をアピール。リクルーターからのスカウトも期待できます。

異業種へのオープンマインド

看護師のスキルは医療業界だけでなく、企業の健康管理や教育業界など、多岐にわたるフィールドで求められています。異業種への転職も視野に入れ、幅広いチャンスを探りましょう。

フレックスビリティ

転職は変化です。新しい環境や役割に柔軟に適応できる姿勢を持つことが、新しい職場での成功を後押しします。

自己PRのスキルアップ

面接や履歴書では、自身の経験やスキルを如何に効果的にPRできるかがカギとなります。具体的な事例や成果を交え、ストーリー形式で伝えるテクニックを身につけましょう。

看護師に関するデータ

看護師の転職率

2023年3月時点のデータとして、新卒看護職員の離職率が10.3%に増加しています。公益社団法人 日本看護協会の調べとなります。正規雇用看護職員11.6%(対前年比1.0ポイント増)、新卒採用者10.3%(同2.0ポイント増)、既卒採用者16.8%(同1.9ポイント増)という内訳です。

参照:「2022年 病院看護実態調査」

転職によって給料の変化率

2023年、前年度調査と比べて3,000~4,000円程度給料が増加したデータがございます。その要因としては、令和3年度補正予算で講じられた看護職員等処遇改善事業補助金による賃金引上げの影響があったと考えられます。また、税込みでのデータなので、数千円程度では「横倍」といった評価が正しいのかも知れません。

参照:「2022年 病院看護実態調査」

雇用形態のデータ

正規雇用の看護師が82.1%です。非正規雇用の看護師、派遣看護師の合計は、17.9%でとなっています。

参照:「看護職員就業状況等実態調査結果 資料2」

看護師の男女比率

「女性」94.0%、「男性」5.8%となっています。

参照:「看護職員就業状況等実態調査結果 資料2」

海外への人材流出データ

看護師に限らず、円安を利用して海外で稼ぐ若者は増えてきています。特に看護師は先進国での需要が高く、月給が100万円程度に上る場合もあります。日本から比較的行きやすいオーストラリアやニュージーランドへの日本人看護師の流出は続いています。

世界保健機関は、2030年までにOECD諸国で110万人の看護師が不足すると推定しており、各国で看護師を確保する競争が激化しています。これは、国際的な医療人材の流動と、各国の医療体系や政策に新たな課題をもたらす可能性があります。

参照:「OECD加盟国の医療労働力政策: 適職、適材、適所」

まとめ

看護師の皆様が日々展開する専門的かつ献身的な業務は、社会全体を支える基石となっています。その価値に見合った報酬を得るため、資格取得や適切な職場選びが大切な要素となります。

本記事では、看護師としてのキャリアをさらに輝かせ、報酬を最大化するための具体的なアプローチとトレンド資格について詳細に解説しました。皆様のキャリアパスの可能性を広げるサポートとなれば幸いでございます。

また、当ブログではビジネス記事の制作も承っております。看護師のキャリアや他のテーマに関する記事制作のご依頼も大歓迎です。お気軽にお問い合わせくださいませ。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました