中田敦彦さんの勧める『プレゼンの準備・練習方法』を学んで本番に臨もう。

働き方

プレゼンを準備と言えば主に何が思い浮かぶだろうか?
資料作成?予行?プレゼンソフトによるヴィジュアライズ?

日本屈指のプレゼンター、中田敦彦さんはプレゼンの準備として「聞き手の反応」を掌握すべきだと言っている。

当ページでは中田敦彦さんの勧める「プレゼンの準備・練習方法」をまとめて伝える。
中田敦彦さんのプレゼンには数百万人の人が引きつけられる。これほど実績のあるプレゼンは他にはない。田中敦彦さんの勧めるプレゼンの準備・練習法を学ぼう。そしてプレゼンを成功に導こう

結論

プレゼンの正しい準備・練習方法とは…

「3人以上の違う人にプレゼンを聞いてもらう」ことだ。

本論

プレゼンの台本を作る人は多い。そして、その台本を読み込むことでプレゼンの準備・練習を完了している人がいる。それは大きな間違いだ。台本を読むのはあくまで覚える作業であり、必要な作業ではあるが、プレゼン自体の準備・練習ではない。プレゼンの準備・練習は次の手順で行う。

  1. 読み込み
    何を話すのか概ね覚えろ。頭の中に構成を入れて、NGワードなどのを弾け。そして音読だ身体に覚えこませろ。
  2. 立ち稽古
    聞き手の感想をサンプリングできる。そして、プレゼン自体のブラッシュアップにつなげられる。
  3. 人に聞いてもらえ
    3人以上の人に違ったタイミングで聞いてもらえ。自身のプレゼンを多角的に検証できる。また、根回しにも効用がある。

1.読み込み

音読が好ましい。言いずらい言葉などが浮き彫りになるからだ。もし何度もつっかえる、噛むといった言葉、言い回しは削除するか変更しろ。

台詞を覚えるのはもちろん、もし、複数人でプレゼンをするのなら大方の掛け合いもこの場で掌握しろ。間の取り方も推して図れ。

2.立ち稽古

実際に動きを入れて話してみろ。聞き手を意識した動きをイメージしよう。ボディーランゲージを意識しろ。

注目ワードを発表する時、もしくはクロージングの時はポジショニングを大切にしろ。予めどこに移動するか目星をつけておけ。

3.人に聞いてもらえ

第三者に客観的にプレゼンを見せて聞いてもらえ。客観的に作品として浮彫にすることで良い点、悪い点が判明する。また、言葉選びが適切か判明する。専門用語など分かりづらいものは外すか言い変えろ。

プレゼン資料なども検討できるだろう。間延びするようなデータは削除だ。聞き手が気になってしまうようなクセ・動作なども見えてくるかもしれない。

人に聞いてもらう時のポイントは…

  1. 立場や性質の違う人3人以上に聞いてもらおう。
    多様性は思わぬ視点を気づかせてくれる。
  2. 時間をずらせ
    一度に3人以上に聞かすのではなく、違った時間に聞いてもらえ。当然検討はより多角的になる。また、1人に講評された後に自身で検討する時間ができる。納得するなら変えるところは変えろ。

さいごに…

中田敦彦さんの推奨するプレゼンの準備・練習法は「3人以上に聞いてもらうこと」。それぞれ違ったタイミングで違ったキャラクター・ポジションの人に聞いてもらうのがいい。

日本一のプレゼンター、中田敦彦さんが推奨するのだからやって損はないはずだ。少なくとも試す価値はある。当ページの情報が読者さんのプレゼン技術向上に少しでも資すれば幸いです。またプレゼンに関する情報を発信しますのでチェックしに来てください。お互い、プレゼン頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました