ブログ/メディア様にビジネス記事を定期納品
ビジネス記事制作サービス

【PR】受注実績1,000件突破

ビジネス専門/SEO記事の制作を依頼

Wayveとは?Microsoftも出資するイギリス発の自動運転車の魅力

【景品表示法対応】本ページはプロモーションが含まれています。

Biz

2024年5月、イギリスのスタートアップ企業Wayveは、シリーズCの投資ラウンドで10億5000万ドル(約1600億円)を調達しました。この巨額の資金調達には、マイクロソフトやNVIDIAなどの大手企業が名を連ねています。

本記事では、Wayveの概要から、その先進的な技術、これまでの実績と今後の目標に至るまで、分かりやすく解説します。Wayveがいかにして自動運転技術の未来を切り開いているのか、その魅力に迫ります。

Wayveとは?

Wayve Brand Video

Wayveは、2017年に英国ケンブリッジ大学から生まれたスタートアップです。カメラのみを使用して高精度な運転を実現するAI技術に注力し、地図や事前設定に頼らず、強化学習を用いて実際の道路で運転を学習します。

まるで人間が運転を覚えるように、経験を積むことで複雑な交通状況にも対応可能です。2023年4月、ロンドンの一部地域で自動運転デリバリーサービスを開始し、17万人に提供しています。

参照:https://wayve.ai/

Wayveの沿革

主要な出来事
2017Wayve設立
2018初期プロトタイプ完成
2019シリーズAラウンドで2000万ドル調達
2020AV2.0技術の開発進展
2021英国内でテスト走行成功
2022Microsoftと提携、Azure活用シリーズBラウンドで資金調達、総額2億5,800万ドル到達
2023ロンドンで自動運転デリバリーサービス開始「LINGO-1」技術発表
2024100都市での展開準備進行中

Wayveは、今後も自動運転技術の開発と実用化に向けて、積極的に事業を展開していくと予想されます。

なぜWayveが注目されている?

  • シリーズCで10億5000万ドル調達
  • エンボディドAI技術
  • 革新的な自動運転技術

「Wayve」は、2024年5月7日にシリーズCの投資ラウンドで10億5000万ドルを調達しました。この資金調達は、ソフトバンクグループが主導し、新規投資家としてNVIDIA、既存投資家としてマイクロソフトが参加しています。この資金は、エンボディドAIを通じて自律型モビリティの再構築を加速するために使用されます。

エンボディドAIは、車両やロボットに高度なAIを統合し、実世界の環境で人間の行動を理解し学ぶ技術です。これにより、予測不能なドライバーや歩行者の行動にも対応できる自動運転システムの使い勝手と安全性が向上します。

また、Wayveは公道でのエンドツーエンドのディープラーニング自動運転システムを開発・試験した最初の企業であり、2023年9月には視覚言語行動モデル「LINGO-1」を発表しています。このような革新的な取り組みが、Wayveを注目の的としています。

Wayveの技術

  • 自動運転技術「AV2.0(エンボディドAI)」
  • 高精度な地図データが不要
  • LLMと自動運転ソフトを組み合わせた「LINGO-1」

自動運転技術「AV2.0」

Wayve AI Driver

Wayveの「AV2.0」は、従来の自動運転技術を革新する新しいアプローチです。AV2.0は、複数のカメラを用いて車両周囲の視覚情報を取得し、その情報をAIで処理して運転を行います。この技術の特徴は、LiDARや高精度地図に依存せず、カメラのみで高い精度の自動運転を実現する点にあります。

AV2.0は、強化学習に基づき、実際の道路で経験を積み重ねることで運転スキルを向上させます。他社の自動運転技術が多くのセンサーや高精度地図を必要とするのに対し、Wayveのアプローチはコスト効率が高く、スケーラビリティに優れています。このため、新たな市場や都市への迅速な展開が期待されます。

高精度な地図データが不要

Wayve Simulation Video

Wayveの技術の大きな利点の一つは、高精度な地図データが不要な点です。従来の自動運転システムは、詳細な地図情報とリアルタイムの環境データを組み合わせることで車両を制御しますが、WayveはカメラとAIのみで周囲の環境を認識し、判断を下します。このアプローチにより、地図の更新が不要になり、運用コストを大幅に削減できます。

また、地図に依存しないため、新しい場所や未知の道路でも迅速に対応可能です。他社のシステムが地図データの維持と更新に大きなリソースを費やすのに対し、Wayveはその分のリソースをAIの改善や運転技術の向上に充てることができます。このため、柔軟かつ効率的な運用が可能となります。

LLMと自動運転ソフトを組み合わせた「LINGO-1」

Wayve LINGO-1 Show & Tell – Pedestrian Crossing

Wayveの「LINGO-1」は、大規模言語モデル(LLM)と自動運転ソフトを組み合わせた先進的な技術です。LLMは大量のデータから言語や行動パターンを学習する能力を持ち、LINGO-1はこれを自動運転の文脈に応用しています。車両は周囲の状況をより高度に理解し、自然な運転行動を取ることができます。

例えば、交通標識の読み取りや複雑な交差点での判断がより迅速かつ正確に行われます。他社の自動運転システムが通常、視覚情報とルールベースのアルゴリズムに依存するのに対し、LINGO-1は人間のような直感的な理解を目指しています。この革新により、Wayveはより安全で効率的な自動運転技術の提供を実現し、競争優位性を確立しています。

Wayveの実績と目標

Life at Wayve
  • Microsoftとの提携
  • 100都市への自動運転車展開を目標
  • イギリス国内の複数都市でテスト走行に成功

Microsoftとの提携

2022年、WayveはMicrosoftとの提携を発表しました。この提携により、WayveはMicrosoftのAzureクラウドプラットフォームを活用し、データ処理と機械学習能力を強化しています。Microsoftとの連携は、Wayveが大規模なデータセットを効率的に処理し、自動運転技術の開発を加速するための重要なステップとなっています。

100都市への自動運転車展開を目標

Wayveは、将来的に100都市で自動運転車を展開することを目標としています。この目標は、同社が大規模な都市環境で自動運転技術を実装し、実際の交通状況での性能を検証するための重要なビジョンを示しています。Wayveの技術は、複雑な都市環境での自動運転を可能にするために設計されており、100都市への展開はその技術の実用化に向けた大きなステップとなります。

イギリス国内の複数都市でテスト走行に成功

Wayveは、イギリス国内の複数の都市でテスト走行に成功しています。これにはロンドン、ケンブリッジ、そしてエジンバラなどが含まれます。これらのテスト走行は、Wayveの自動運転技術が実際の都市環境でどのように機能するかを検証するための重要な実験です。成功したテスト走行は、Wayveの技術の信頼性と実用性を証明しており、さらなる展開の基盤を築いています。

Wayve車はどこで買える?

2024年5月時点でWayve車は開発段階であり、一般消費者による購入はできません。

Wayveに投資する方法は?

直接投資することはできません。どうしてもということであれば、従業員として働いてストックオプションを得るという戦略もあります。Wayveは優秀な従業員を常に募集しています。

求職情報:https://wayve.ai/careers/join-us/

まとめ

以上、Wayveの概要、先進的な技術、実績と目標について解説させていただきました。Wayveは革新的な自動運転技術を駆使し、未来のモビリティを再定義する企業として注目されています。特に、カメラのみを用いた高精度な自動運転技術や、エンボディドAIによる自律型システムの導入など、他社にはない独自のアプローチで業界をリードしています。シリーズCラウンドでの巨額資金調達により、今後のさらなる技術開発と市場展開が期待されます。

この記事がWayveの魅力をお伝えできたなら幸いです。最新の技術動向や関連ニュースをお見逃しなく、本サイトへのブックマークをぜひお勧めします。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました