使用可能プロモーション金利を報告

$ドル連動資産の不労所得レポート

中古車×月極駐車場で副業開始?シェアリングカービジネスの初心者さん収益化ガイド

働き方
  • 車所有の固定費を削りたい
  • 車を使っていない時間が多いのが気になる
  • シェアリングカービジネスで副業を始めたい

30代以下の若者、若いファミリーの車所有率は20年前と比べて30%程度減っています。車を所有するコストを客観的に評価しているのかも知れません。

確かに車所有のコストは大きいと言えます。しかし、所有する車や駐車場で副業ができるとしたらどうでしょう?所有コスト以上の利益は人生をより豊かにすることは間違いありません。

当記事では中古車と月極駐車場で始めるシェアリングカービジネスを解説しています。車所有の固定費を節約したい方、車や駐車場で副業を始めたい方々にとって有益な情報となれば幸いです。

シェアリングカービジネス

シェアリングカービジネスは、車を不特定多数のユーザーにシェアして稼ぐ自動車サービスビジネスです。車は使われない時間も多いです。車を有効活用し、かつ収益化するという目的を果たします。

インフレや増税が生活コストに響く今、固定費の大幅削減と共に副業のチャンスと捉えられるようになってきています。

特徴

  • 車の有効活用
  • 収入源の確保
  • 固定費削減ができる

シェアリングカービジネスは車を走らせていないブランク時間を活用したビジネスです。多くの人に使ってもらうことで車の有効活用ができますし、収入源も新たに増えることになります。

駐車場を保有している方は、そちらもシェアすることで固定費の大幅削減に成功するでしょう。

ソリューション

シェアリングカーサービスシェアリングパークサービス
Anyca(エニカ)
CaFoRe(カフォレ)
dカーシェア
GO2GO
akippaアキッパ
特P
軒先パーキング
B-Times
BLUU スマートパーキング
みんちゅう

所有車を貸し出すサービス、所有する駐車場を貸し出すサービスは既に多くあります。いくつか比較検討ができるので、自分にピッタリなサービスを選びましょう。

手数料など金銭面での違いもありますが、保険の適応などのホスタビリティ比較もできます。

注意点

所有物や土地を他人に貸し出すということ自体にリスクはあります。盗難リスク、物損リスク、消耗リスクなどがあります。

それらを全て見積もって原資回収までの道のりを計画してみてはいかがでしょうか。

シェアリングカービジネスの始め方

車と駐車場どちらか、もしくは両方あればカーシェアリングビジネスは始められます。

他人から借りた車(リースやシェアリング)を貸し出すのはおススメしません。

カーシェアリングtoカーシェアリングは一見、頭のいいアイデアに思えます。しかし、中古車を用意した方が圧倒的にコストが安く済みます。堅実に考えましょう。

シェアリングカービジネス用の車購入

貸し出す車は中古車で決定です。それも、オークションで入手して下さい。中古車販売業者を通すとその分手数料が上乗せされてコストが大きくなります。

そして、価格帯は全てコミコミで30万円未満とします。これ以上設備投資をかけても原資回収が遠のくだけです。ハッキリ言って無駄です。

「そんな値段で買える車って…」と思いましたか?心配ありません。日本市場であれば全く問題なく良い車が手に入ります。しかも、オークションです。市場価格は50万~程度の車となります。

月極駐車場の選定/契約

最適な駐車場避けるべき駐車場
大規模マンション群の近く
大きな小学校近く
交通要所付近
田舎
商業地域
高級住宅街

安く車が入手できたら駐車場を契約しましょう。最適な場所は車所有が難しい場所で、モビリティーニーズがエリアです。マンションは駐車場が完備されているところが多いですが、全ての住民のニーズを満たしていません。住民はしかたなく、シェアリングカーを使っている場合が多いです。

小学校付近もいいでしょう。子供のイベントやスポーツ少年団の移動で絶えずファミリーカーニーズがあります。

シェアリングカービジネス用保険選択

シェアリングサービスには保険が設定されています。もし、車や車を用いた事件などのリスクがあった場合、シェアリングサービス事業者に請求ができます。

シェアリングサービス事業者が提供する保険以外に必要なものを検討して下さい。

ソリューションサービス選択

シェアリングカーサービスシェアリングパークサービス
Anyca(エニカ)
CaFoRe(カフォレ)
dカーシェア
GO2GO
akippaアキッパ
特P
軒先パーキング
B-Times
BLUU スマートパーキング
みんちゅう

冒頭で解説した通り、シェアリングサービスを提供する事業者は多くあります。最適解は「併用」です。それぞれのサービスに登録すること自体がマーケティングの効果を果たします。

より多くの人に知ってもらうことで、車や駐車場の利用率は高まっていくでしょう。

シェアリングカービジネス開始

車も駐車場も自分の使用重視という事も可能です。むしろ、そちらの方がいいでしょう。自分が使用した上で、更に余りある時間をビジネスに使用しましょう。

シェアリングカービジネス攻略

原資回収をより早めて、アーニングサイクルを起動させるためには攻略をしっかりたててビジネスを展開していく必要があります。

ここでは、シェアリングカービジネスの攻略ヒントを解説していきます。

車の所有コストを確認/評価

項目値段
車購入費
月極駐車場代
税金ガソリン代
保険料
30万円
12万円/年
4万円/年
20万円/年
3万円/年
69万円

原資コストを最初に見積もりましょう。もし、仮に上記のような原資コストがかかった場合、何回いくらで車/駐車場を貸し出せば原資回収が完了するのかが判明します。

また、車の売却益もしっかり見通しておきましょう。安ければ何でもいいというわけではなく、外国需要や業務需要なども見越して車種を選択して下さい。

ローコストハイリターンを目指す

シェアリングカービジネスでもっともコストがかかるのは車代ですが、次に大きいのはガソリン代となります。燃費が良い車を使えばより、ローコストとなるでしょう。

ハイリターンを目指すには、車/駐車場の常時営業を目指すことです。お客さんのニーズもありますが、SNSなどを使用して積極的にPRしていきましょう。

月極駐車場の位置は戦略的に

「最適な駐車場」、「避けるべき駐車場」は解説させて頂きました。しかし、現実的には居住区から2キロ以内など制約があります。また、オーナーの利便性もあるでしょう。

結局は折衷案になってしまいますが、ここはビジネス主眼で決定していくべきです。特に、ファミリー層の多い大型マンションの近くは要チェックです。若干、住居から遠くても原資回収のスピードは早まるでしょう。

まとめ

シェアリングエコノミーはSDGsの価値観の下、よりニーズは高まっていくでしょう。世界的な潮流でもあります。

もし、車の購入を計画されているのでしたら、極めて低いコストでシェアリングカービジネスに挑戦してみましょう。自分も使用でき、副業チャンスも生まれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました