ブログ/メディア様にビジネス記事を定期納品
ビジネス記事制作サービス

【PR】受注実績1,000件突破

ビジネス専門/SEO記事の制作を依頼

Baseを使った無在庫販売でいくら稼げるのかを実証してレポート

【景品表示法対応】本ページはプロモーションが含まれています。

Biz

ECで副業を思いついた方は多いと思います。しかし、実際にECサイトの構築、商品のラインナップや管理って難しいですよね?時間もかかるうえに、専門技術や知識も必要で…

そこで登場したソリューションが「BASE」です。Baseを使えば商品開発から管理販売までワントップで進めることができます。

本記事ではBaseの使い方、無在庫販売の実績などをまとめてレポートいたします。

Base

BASEはオンラインショップを簡単に作成・運営できるプラットフォームです。特に中小企業や個人事業主に人気があり、技術的な知識がなくても手軽にショップを開設できます。デザインテンプレート、支払い方法の設定、商品の管理など、豊富な機能が提供されており、ECビジネスの立ち上げを支援します。

無在庫販売

無在庫販売(ドロップシッピング)は、商品を自分で在庫として持たずに販売する方法です。顧客が商品を購入すると、その商品を仕入れ元(サプライヤー)が直接顧客に発送します。在庫管理の手間やコストを削減でき、リスクを最小限に抑えながらビジネスを運営できます。

Baseを利用した無在庫販売は無料で開始できるので、SMEのEC構築だけでなく、副業としても高い注目が集まっています。

Baseは無料で使える?

プラン名初期費用月額費用決済手数料サービス利用料利用推奨
スタンダードプラン0円0円3.6% + 40円3%初めての方低コストで始めたい方
グロースプラン0円16,580円2.90%0円月商が大きい方取引回数が多い方

BASEの料金プランは、スタンダードプランとグロースプランの2種類があります。初期費用や月額費用がかからないスタンダードプランは、初めてECサイトを運営する方や、リスクを抑えたい方に最適です。一方、月額費用が発生するものの決済手数料が低く設定されているグロースプランは、月商が大きい方におすすめです。自分のビジネスモデルや売上見込みに合わせて、最適なプランを選択することが重要です。

決済方法スタンダードプラングロースプラン
あと払い (Pay ID)3.6% + 40円2.90%
クレジットカード決済3.6% + 40円2.90%
銀行振込3.6% + 40円2.90%
キャリア決済3.6% + 40円2.90%
コンビニ決済・Pay-easy3.6% + 40円2.90%
Amazon Pay4.6% + 40円3.90%
PayPal4.6% + 40円3.90%

また、支払方法によって手数料が変動します。事前に確認しておきましょう。

Baseの競合は?

サービス名料金デザイン自由度拡張性URL
STORES.jp無料中程度低いSTORES.jp
カラーミーショップ無料中程度低いカラーミーショップ
minikuru無料低い低いminikuru
ネットショップ構築くん無料低い低いネットショップ構築くん
Shopify月額料金必要高い高いShopify
SUZURI月額料金必要中程度中程度SUZURI
BOOTH月額料金必要中程度中程度BOOTH
クリーマ月額料金必要中程度中程度クリーマ
EC-CUBEサーバー契約非常に高い非常に高いEC-CUBE
オープンカートサーバー契約非常に高い非常に高いオープンカート
WooCommerceサーバー契約非常に高い非常に高いWooC

Baseは有力な無料ECサイト構築サービスですが、同じようなサービスを提供する企業は多くあります。日本でいえば、Storesが有名です。世界的にはShopifyでしょう。

無料で利用できるサービス

無料で利用できるサービスには、STORES.jp、カラーミーショップ、minikuru、ネットショップ構築くんがあります。これらのサービスは基本的な機能が備わっており、初心者でも簡単にECサイトを構築することができます。ただし、デザインの自由度や拡張性はBASEに比べて劣る場合が多いです。

低価格で利用できるサービス

低価格で利用できるサービスには、Shopify、SUZURI、BOOTH、クリーマがあります。これらのサービスは月額料金を支払うことで利用でき、BASEよりも多くの機能を提供しています。しかし、デザインの自由度や拡張性はサービスによって異なります。

高機能なサービス

高機能なサービスには、EC-CUBE、オープンカート、WooCommerceがあります。これらのサービスは、自分でサーバーを借りて利用する必要があります。そのため、ある程度の知識と技術が必要ですが、デザインの自由度や拡張性が高く、大規模なECサイトを構築することができます。

Baseはベストか?

  • 無料で利用できる
  • 簡単に利用できる
  • デザインが豊富
  • 拡張機能が充実
  • サポートが充実

無料で利用できる点と簡単に利用できる点は、BASEの大きなメリットです。ECサイトを初めて開設する方や、コストを抑えたい方におすすめのサービスです。

Baseのコスパ分析

競合を実際に使用してレポートいたします。

少々お待ちください。

Baseの始め方

以下5つのステップで誰でも簡単にBaseを始めることができます。

用意するものはメールアドレスだけです。

「商品がまだない」という方も心配無用。

オンデマンド商品を作成できるアプリも利用できます。

1.Base公式サイトへアクセス

まずはBaseの公式サイトへアクセスして下さい。

Base公式サイト:BASE

画面中央の「無料でショップを開設する」、もしくは、画面右上の「無料で始める」をクリックします。

2.Baseアカウント作成

メールアドレスとパスワードを設定し、利用規約を確認してください。

登録したメールアドレスにメッセージが来るので、承認クリックをしてアカウント作成は完了です。

3.BaseでECサイト情報入力

ECの運営者情報、決済手法について入力し設定していきます。

決済方法によって手数料が異なるので、確認しておきましょう。

最後にショップを公開するにチェックをいれてください。

これでECサイトの作成は完了です。

簡単ですね。

4.商品掲載

次に、商品を登録してECサイトへ掲載していきます。

「商品がまだ準備できていない?」「どんな商品がいいのだろう」といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

問題ございません。Baseでは独自の「商品作成」アプリを利用できます。

5.販売開始

ただ商品を出品しただけで終わりではありません。

やはり、マーケティングが重要になってきます。

商品の認知度向上に役立つのはSNSですが、初めての方にとっては何をやっていいか分からないという事が多いと思います。

そこはECソリューションを本業とするBase、SEOツールやマーケティングツールをアプリとして用意しています。無料のものが大半なので活用してみましょう。

Baseで始める無在庫販売の方法

Baseの商品作成アプリを作成すれば、誰でも簡単に無在庫販売が実践できます。

また、サードパーティのソリューションも利用可能です。Baseと提携しているメーカーを参照してみましょう。

ここでは、Baseの商品作成アプリの使い方、サードパーティを利用した無在庫販売手法についての実践方法を分かりやすく解説します。

Base商品作成アプリの使い方

最初にホーム画面をスクロールしていくと利用中のAppsが観覧できます。「Appsを見る」をクリックしてください。

利用できるアプリがラインナップされています。スクロールダウンして「商品を準備・作成する」のところで任意のアプリを選択します。

当ブログでは「オリジナルプリント.jp」で解説を続けます。

最初にオリジナルプリント.jpのアカウント登録を完了させてください。

画面右上の「会員登録」をクリックしてメールアドレスでアカウントを作成します。

ホーム画面メニュー「カテゴリ」から任意の商品を選択し、デザインしていきます。

「デザインしてネットショップで販売」をクリックすることでBaseとの連携ができます。

Baseでの無在庫販売レポート

何はともあれ、実際にBaseで無在庫販売を成功させることで、このブログコンテンツは価値を成していくことでしょう。

ということで、Baseでの無在庫販売実績をレポートします。

ぜひ、ブックマークして見に来て下さい。

実践ポイントのレポート

Baseで無在庫販売を進めるうえで重要なポイントをまとめていきます。

手こずる商品選び

商品選びのポイントメリットデメリット
人気商品の選定高い需要で売上が期待競争が激しく利益率が低い
ニッチ商品の選定競争が少なく高利益率が期待需要が低く売上が不安定
トレンド商品の選定短期間で高売上が見込める流行が過ぎると売れなくなる

商品選びはECビジネスの成功に直結する重要なステップです。人気商品、ニッチ商品、トレンド商品それぞれにメリットとデメリットがあり、慎重な選定が求められます。商品選定の際には市場調査を行い、自分のビジネスモデルに最適な商品を選ぶことが重要です。

マーケティングを忘れるべからず

マーケティングはECビジネスの成功に不可欠な要素です。Baseのマーケティング支援アプリを活用し、SEO対策、SNSマーケティング、メールマーケティングなど、多岐にわたる手法を駆使して集客を図りましょう。特に、ターゲットオーディエンスに対する適切なアプローチを行うことで、顧客獲得と売上増加を実現できます。マーケティング戦略を忘れずに実施することで、競争力を高め、長期的な成功を収めることが可能です。

気になる売上実績

2024年5月28日(火曜日)からhttps://best1.official.ec/をスタートさせました。

どうなるのでしょうか。やはり、売上ゼロなのでしょうか。何点かは売れるのでしょうか?

PDCAを回しながら進めて参りますので、どうぞご視聴、ご支援よろしくお願いいたします。

まとめ

無在庫販売は低リスク中リターンの格好の副業ビジネスです。しかし、ECサイトの構築や商品開発や管理など手間が参入障壁となってきました。「Base」をお使いください。全て無料で、誰でもすぐにECショップを開くことができます。

以上、Baseの概要や使い方、無在庫販売の実績についてレポートさせていただきました。販売レポートは定期的にアップデートしていきますので、ぜひ当ページをブックマークしてご観覧ください。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました