ブログ/メディア様にビジネス記事を定期納品
ビジネス記事制作サービス

【PR】受注実績1,000件突破

ビジネス専門/SEO記事の制作を依頼

RenderNetとは?顔とポーズを指定/固定してAIインフルエンサー作成

【景品表示法対応】本ページはプロモーションが含まれています。

AI

RenderNetは、顔とポーズを自在に指定・固定できるAIインフルエンサー作成ツールです。従来のインフルエンサーマーケティングでは、リアルな人物の制限に直面していましたが、RenderNetはこの課題を解決。ユーザーの要望に応じてリアルなバーチャルキャラクターを生成し、マーケティングの可能性を大きく広げます。

本記事では、RenderNetの機能とその影響について深掘りします。当サイトでは、ビジネスAIに関する最新情報を日々更新。是非ブックマークして、最新情報を見逃さないようにしてください。

RenderNetとは?

RenderNet AIは、一貫性のあるキャラクターを作成し、そのポーズ、構成、スタイルをコントロールすることに焦点を当てた強力な画像生成ツールです。

参照:RenderNET公式サイト

RenderNetの何が新しい?

  • FaceLock
  • Control Net

RenderNet AIは、FaceLockとControl Net技術を活用して、これまでにない新しい解決策を提供します。特に人物画像において、顔の表情や特徴をそのまま保持しつつ、ポーズや構成を細かく調整できる機能は多くのクリエイターにとって待望のものだったのではないでしょうか。

RenderNetは無料?料金は?

RenderNetは無料で使うことができます。ただし、無料版だとクレジットが5しか使用できません。

多く画像を生成される方は有料版の使用が推奨されます。

RenderNetは日本語で使える?

サイトやアプリのUIは全て英語表記です。

プロンプトも日本語で入力できますが、精度は英語の方が良いようです。

RenderNetの始め方

RenderNetを始めるのに必要なのはGoogleID、もしくはメールアドレスだけです。

なお、2024年1月時点で、メールアドレスでのアカウント作成が上手くいかない状態となっています。

1.RenderNetの公式サイトへアクセス

まずは公式サイトへアクセスしてください。

RenderNET公式サイト

2.「Sign in」からアカウント作成

GoogleIDを用いてアカウントを作成します。

特に、メール認証などは必要ありません。

RenderNETの使い方

基本的なRenderNETの使い方を解説します。

画像生成

下のプロンプト入力フォームを使って画像を生成します。

特にモデルやパラメーターの指定をせずに行ってみました。

とりあえず、日本語で入力しましたが、それなりの画像が生成できます。※英語推奨

細かい調整はModels、Setting、LoRAなどで決めていきます。詳しく解説するので、見ていきましょう。

Models

モデルは生成画像タイプを決定する要素です。

AIアバター、XRインフルエンサーを生成したい方はRealタイプのものを選択するとよいでしょう。

Setting~RenderNETのパラメータ~

パラメーターは生成画像の品質を細部調整する機能です。それぞれ分かりやすく解説します。

Seed

「seed」とは乱数生成の初期値であり、この値が同じであれば、プロセスは同じランダムな出力(この場合は画像)を再現します。これにより、同じパラメータを用いて同じ画像を正確に再生成することが可能になります。デフォルトの「-1」では同じ画像が生成されます。

Sampler

Samplerは画像を生成するために使用されるレンダリングアルゴリズムについてのオプションです。よく分からない方は「DPM++ samplers」というサンプラーを使用してみましょう。

DPM++は、ディープラーニングやAI分野で用いられる高度なサンプリング技術の一つであり、画像生成の精度や品質を向上させるために利用されます。この技術を使うことで、よりリアルで詳細な画像を生成することが可能になります。

Steps

Stepsは画像生成過程におけるサンプラーによる反復回数です。「サンプラー」とは、生成される画像の品質を向上させるために、特定のパターンや構造を繰り返し試行し、最適化するプロセスの一部を担うアルゴリズムのことです。「反復回数」とは、サンプラーが画像を改善するために試行する回数を指します。

25-35回の反復で最良結果

この範囲内で反復回数を設定すると、画像の品質が向上し、バランスの取れた詳細度とクリアさを得ることができるとされています。反復回数がこの範囲内にある場合、アルゴリズムは十分な回数画像を精査・改善する機会を持ち、最終的な出力が高品質になるように調整されます。

数値の変更について

反復回数を変更することで、生成される画像の品質に影響を及ぼします。

25回未満で設定すると、サンプラーが十分に画像を改善する機会が少なくなり、結果的に粗いまたは未完成の画像が生成される可能性があります。

35回を超えて設定すると、さらに詳細な改善が行われることになりますが、これにはより多くの計算資源が必要となり、また改善の度合いに対する時間投資の利益が低下する可能性があります。

つまり、ある点を超えると、追加の反復による画質の向上は微小になり、計算コストに見合わなくなることがあります。

AI Guidance

AIの創造性を定義するパラメータです。「低い数字」は、AIにより多くの自由度を与え、より独創的で予測不能な結果を生み出すよう促します。「高い数字」はAIの創造性により多くの制約を加えます。

このパラメータを通じて、ユーザーはAIの創造的な出力を微調整でき、目的や好みに応じて、よりオリジナルなコンテンツまたは特定の指示に沿った結果を求めることができます。

Batch size

生成される画像数を指定します。

Aspect Ratio

アスペクト比の設定です。

LoRA

LoRAは、AIモデルの層ごとの関連性を調整するための技術です。モデルの性能を最適化するために使用されます。「XLモデルにはSDXL LoRAsを、非XLモデルには非SDXL LoRAsを使用すること」を推奨してます。

SDXL LoRAs

SDXL LoRAsは、サイズが大きく、より複雑な「XLモデル」に適しています。これらのLoRAは、大規模なモデルが扱う複雑なタスクやデータセットのニーズに対応するように設計されています。

非SDXL LoRAs

非SDXL LoRAsは、より小規模でシンプルな「非XLモデル」に適しています。これらは、小規模モデルの性能を最適化するために特化しています。

FaceLock

生成画像の顔を固定する機能です。たとえば、自分の顔で生成画像を固定できます。

上記例では顔を真ん中の方で固定しています。

※全て生成画像

Control Net

生成画像のポーズを指定する機能です。たとえば、ランニングしている姿などに変更できます。

上記例ではかなり性質の違う写真のポーズをつかいましたが、それなりに表現はできています。細部(皿など)の調整はプロンプトで進めましょう。

RenderNETは強力なAIインフルエンサー作成ツール

RenderNETは、AI(人工知能)を活用した強力なインフルエンサー作成ツールです。このツールは、リアルで説得力のあるバーチャルインフルエンサーやキャラクターをデザインし、生成するために使用されます。

AI技術を駆使して、ユーザーの指定した特徴やスタイルに基づいて、独自の人物像やキャラクターを作り出します。これにより、マーケティング、エンターテインメント、ソーシャルメディアなどの分野で、実在しないがリアルな外見を持つインフルエンサーを活用することが可能になります。

RenderNETは、ビジュアルコンテンツの創出において新たな可能性を提供し、革新的なバーチャルプレゼンスの創造をサポートします。

まとめ

RenderNetを活用することで、ビジネスの新しい地平が開けます。このツールがもたらす創造的な可能性は、マーケティングやエンターテイメント業界に革命をもたらすことでしょう。

今回の記事をお読みいただき、ありがとうございました。当サイトでは引き続きAI技術とビジネスの最新動向についての情報を提供してまいります。これからも当サイトをご愛読いただき、最先端のビジネス戦略を手に入れていただければ幸いです。次回の更新もお見逃しなく!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました