ブログ/メディア様にビジネス記事を定期納品
ビジネス記事制作サービス

【PR】受注実績1,000件突破

ビジネス専門/SEO記事の制作を依頼

Luma AIとは?AIがカメラで捉えた被写体を自動で3D化

【景品表示法対応】本ページはプロモーションが含まれています。

AI

Luma AIは、カメラで捉えた被写体を自動で3D化する革新的なAI技術を提供します。従来、3Dモデルの作成は専門知識が必要で時間もかかる課題がありましたが、Luma AIにより誰でも簡単に3Dコンテンツを作成できるようになります。

記事では、Luma AIがどのようにして3D化のプロセスを簡素化し、ビジネスやクリエイティブな活動においてどのように価値を提供するかを掘り下げています。

当サイトでは毎日、ビジネスAIに関する最新情報を配信しています。ぜひブックマークをして、最新のトレンドをお見逃しなく。

Luma AIとは?

Luma AIは3Dコンテンツの作成と共有をAIによってサポートするツールです。テキストプロンプトから3Dアセットを簡単に生成できます。さらに、リアルワールドの被写体もスマホアプリを用いて簡単に3Dアセット化が可能です。

Luma AIの何が新しい?

  • 簡易な3Dコンテンツ作成
  • シームレスな共有機能
  • 商用利用可能なインタラクティブシーン

簡易な3Dコンテンツ作成

従来は難しかった3Dコンテンツの作成を、誰でも簡単に行えるようにしました。

シームレスな共有機能

作成した3DコンテンツをWeb、iOS、Android上で簡単に共有でき、幅広いプラットフォームで体験可能にしました。

商用利用可能なインタラクティブシーン

商用利用も可能なインタラクティブな3Dシーンを提供し、追加ライセンスなしで使用できます。

Luma AIは3Dコンテンツの作成と共有の障壁を大きく下げることで、3D技術の普及と利用拡大を促進しています。誰でも簡単に美しい3Dシーンを作成し、幅広いデバイスで共有できるようにすることで、3Dコンテンツの新たな可能性を開拓しています。商用利用も可能なため、ビジネスシーンでもその価値を発揮します。

Luma AIの開発・運営情報

Luma AIは、3Dキャプチャや生成を可能にするサービスを提供しているスタートアップ企業です。2021年に設立され、現在は3Dコンテンツ作成を民主化し、誰でも簡単に3Dコンテンツを作成できるようにすることを目指しています。

代表的な3人のプロフィールは以下の通りです。

アミット・ジェイン(CEO)

Appleで3Dコンピュータビジョン、カメラ、機械学習などを研究。起業家精神があり、2021年にLumaを共同設立。

アレックス・ユー(CTO)

UCバークレー出身。ニューラルレンダリングの第一人者。Lumaでは研究成果を製品に落とし込む役割。

ジャミング・ソング(Chief Scientist)

スタンフォード大学で機械学習を研究。Lumaでは3Dコンテンツ生成のための基盤モデル構築を担当。

Luma AIの始め方

  • 1.公式サイトへアクセス
  • 2.アカウント作成
  • 3.AI生成開始

1.公式サイトへアクセス

最初にLuma AIの公式サイトへアクセスして下さい。

公式サイト:Luma AI

2.アカウント作成

アカウントはAppleID、もしくはGoogleIDで作成します。

3.AI生成開始

3DアセットはGUIで生成できますが、リアルワールドの3Dスキャンはスマホアプリ、もしくはカメラが必要です。

iOSアプリ:Luma AI

Luma AIの使い方

基本的に3DアセットをAIのサポートで生成していきます。作成した3Dアセットの編集機能もありますが、まだ細部のパラメーター設定などはできません。

GENIE

3Dキャラをテキストプロンプトで生成する機能です。デフォルトでは4種類の3Dキャラが提案されます。

上記例では、「筋肉モリモリの可愛らしいゴリラ」というテーマで生成しました。

3Dスキャン

これは現実世界のオブジェクトをスマートフォンなどで撮影し、それを3Dアセットに変換する機能です。

iOSアプリで基本的に使用しますが、撮影機材とGUIで使うことも可能です。

iOSアプリ:Luma AI

3Dスキャン使用手段

  • Web上で無料で始める
  • iOSで作成
Web上で無料で始める

Lumaを使用して、誰でも簡単に3Dコンテンツを作成し、共有することができます。

iOSで作成

iOSデバイス上で直接3Dコンテンツを作成することが可能です。

作成物の探索

他のユーザーが作成した3Dコンテンツを探索できます。WebGLライブラリは高度な3DコンテンツをWeb上でスムーズに表示するための技術です。

商業利用可能

作成したシーンは追加のライセンスなしで商業的に利用可能で、プライベートに設定することも、公開することもできます。

インタラクティブシーン&アセットAPI

インタラクティブなシーンビューアー、メッシュアセット、その他の豊富な3Dエクスポートをプログラムによって生成し、埋め込むことができます。これには、Gaussian Splat PLYファイルやLuma Unreal Engine UEファイルが含まれます。

Lumaを使うことで、常に3D AIの最前線に立つことができます。Lumaが技術的なブレークスルーを達成するたびに、あなたのキャプチャやデータもそれに伴ってアップグレードされます。これにより、Webを3Dでインタラクティブにする新しい方法が提供されます。

Luma AIの技術的仕様

  • 対応画像フォーマット
  • 圧縮ファイルについて
  • 3D画像取り込み

対応画像フォーマット

通常の画像: .jpg, .jpeg, .png, .gif, .pgm, .ppm, .tga

HDR画像: .exr

RAW画像: .cr3, .dng

圧縮ファイルについて

圧縮ファイル内は、同一の画像フォーマットのみを含めてください。

通常、魚眼、または全天周画像のいずれかのタイプの画像を圧縮ファイルにすることができます。

ファイルサイズが5ギガバイトの上限に達する場合は、画像をダウンサンプル(解像度を下げる)してサイズを小さくしてください。これには利用可能なツールを使用します。

圧縮ファイルの最大サイズは5ギガバイトまでです。

3D画像取り込み

  • 30 FPSでのWebブラウザ上の表示
  • オブジェクトのサイズ
30 FPSでのWebブラウザ上の表示

Web上での高速かつ効率的なレンダリングを実現します。Android & iOS対応: すべてのプラットフォームで利用可能です。

オブジェクトのサイズ

オブジェクトサイズは8MB、シーンサイズは20MBです。ファイルサイズは小さく、ストリーミングが即座に開始されます。

Luma AIの注意点

Luma AIは通常の生成AIサービスと同じように、年齢やビジネス利用に関する規定を設けています。生成コンテンツの使用前にしっかりと確認しておきましょう。

年齢による制限

18歳未満の方は親権者の承認が必要です。

返金について

有料のサービスプランがあります。クレジットカードなどでお支払いいただきます。

解約はメールで申請できますが、支払い済みの料金は返金されません。

商用利用について

ユーザーがアップロードしたコンテンツの知的財産権はユーザーに帰属します。Lumaのキャプチャーや生成結果の非商用および商用利用は許可されています。

一方で、Lumaの利用規約で非Proアカウントの場合、Lumaのキャプチャーや生成結果を商用利用する際には「帰属」が求められると記載されています。

「帰属」とは、Luma AIがそのコンテンツの原作者であることを示す表示のことを指しています。

具体的には、以下の2つの方法が提案されています:

  • Lumaのロゴをアーティファクト(キャプチャや生成結果)に明示的に表示する。
  • SNSへの投稿のメッセージ内にLumaへの言及を含める。

例えば、InstagramにLumaでキャプチャした3D画像を投稿する場合、画像にLumaのロゴを入れるか、キャプションに「Generated by @Luma」のように記載することで帰属表示ができます。

法律準拠

カリフォルニア州の法律が適用されます。

まとめ

Luma AIの革新性は、誰もが手軽に3Dコンテンツを作成できる点にあります。この技術を活用して、あなたのプロジェクトやビジネスに新たな次元を加えてみてはいかがでしょうか。

以上、Luma AIが解決する現代の課題と、それを通じて開かれる可能性についてお伝えしました。当サイトでは毎日、ビジネスAIに関する貴重な情報を皆様に提供しています。この機会にぜひブックマークをして、最新の情報をお見逃し無いようにしてください。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました