カッコいいトレーニングベンチを色系別に紹介!自分だけのホームジムを作ろう!

ライフスタイル

はじめに

ホームジム計画を進める上で、トレーニングベンチ選びはとても重要です。まずはしっかりした安定感のあるもの、可変のし易さなど剛健質実な方針でセレクトしていくと思います。そしてその次に部屋との相性、色の好みなどファッション性で迷います。黒一択かと思いきや、今はけっこう色んなカラーが販売されているんですよね。

そこで当ページでは色系別にトレーニングベンチを紹介していきたいと思います。今回紹介する情報が少しでも読者さんのホームジム計画の資となれば幸いです。是非、自分好みの色をチェックしてみて下さい。

本論(カラー別トレーニングベンチ)

レッド系

赤の心理的効果は情熱、活力、興奮、高揚。きっとトレーニーのチャレンジシップに火をつけてくれるはずだ。

HAOLI ダンベルベンチ

シートクッションの高さを自由に調整でき、背もたれの傾斜を自由に調整可能。フットカバー装置により床へのダメージを防ぐ。3点支持による抜群の安定感。

品番B0922NJLNR
重量約18kg
サイズ62cm(幅)×130cm(奥行)×93cm(高さ)
耐荷重unknown
参考価格300,484円
AUKLM トレーニングベンチ

ジムにある光沢感のある赤いシートだ。シートは6段階調節可能。プラスティック製のフットキャップが床をしっかり保護する。

品番B08FXGKFP8
重量30kg
サイズ81cm(幅)×135cm(奥行)×114cm(高さ)
耐荷重250kg
参考価格363,839円
HSBAISトレーニングベンチ

落ち着いたダークワインレッド。

品番B086V6L5T7
重量unknown
サイズ45cm(幅)×136cm(奥行)×unnown(高さ)
耐荷重300kg
参考価格291,001円

ブルー系

青は知的、落ち着き、信頼感、誠実といった印象を喚起させる。一見エネルギーを爆発させるトレーニングとは対極的なイメージだ。しかし、「筋肉との対話」という趣旨なら合わなくもない。

中旺へルス トレーニングベンチ

青いシートは珍しいのか、小売りで種類がない。…ジムではけっこうよく見るが。心理的効果を考慮して出した答えなのか。しかし、ホームジム計画は本人の好みで選んでいい。青が好きな方も多いだろう。

品番FW-2300
重量30kg
サイズ幅60x長さ130x高さ43cm
耐荷重300kg
参考価格160,925円

ブラック系

黒は強さ権威、自信、神秘といった力強さを表す。まさにトレーニングにはピッタリの心理的効果が期待できる。

HTFDC トレーニングベンチ

高級感と存在感のブラックに、アジェスターがワインレッド。カッコいい…背もたれは10段階で調整可能。シートは6段階の角度がつけられる。

品番B0872X2TYD
重量30kg
サイズ47cm(幅)×130cm(奥行)×123cm(高さ)
耐荷重400kg
参考価格385,059円
AUKLM トレーニングベンチ

足の部分がアーミーグリーンとなっている。ヘッドの足にローラーが付いており、移動も簡単だ。マッチョなカラーだ。

品番B08FXGGSRP
重量21kg
サイズ60cm(幅)×133cm(奥行)×unnown(高さ)
耐荷重250kg
参考価格321,599円
HAMMER STRENGTH トレーニングベンチ

やはりハンマーストレングスはチェックしておきたい。ジム感が一気に上がる。シートのゴツゴツした感じもまたたまらない。

品番HDT-MAB
重量39kg
サイズL133cm×W56cm×H47cm
耐荷重unknown
参考価格365,200円

さいごに

トレーニングのモチベーションアップに是非とも自分好みのカッコいいベンチを選びましょう。ホームジムは誰を気にする必要もなく、自分自身との勝負の場です。誰にも邪魔されない筋肉との対話の時間を自分好みのベンチで花を添えましょう。

当ページ情報が読者様のホームジム構築、トレーニングのモチベーションアップに少しでも寄与できたら幸いです。また是非記事を読みに来てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました