【初心者用】クロノスネットワークの始め方/使い方を優しく解説

教育/勉強

免責事項:DYOR
当サイトは、暗号資産・NFT投資を勧誘することを目的としておらず、また何らかの保証・約束をするものではありません。
読者の方々の大切な資産に関する決定は読者さんご自身のご判断において行っていただきますようお願い申し上げます。

クロノスネットワーク

世界中で金融決済ビジネスを展開しているCrypto.comが主体となって創設されたブロックチェーンネットワークです。展開/開発はCronos.orgが行っています。MMF目当てでクロノスネットワークを始める方が増えてきています。今回の記事は初心者さんにも分かりやすくクロノスネットワークの始め方/使い方を解説していきます。

クロノスネットワークの始め方/使い方

BSC系で既にDefiをいじっている方は最初のプロセスは飛ばして進めて下さい。ただ、当初のネットワークトークンである$CROの購入まで多少手間がかかるかも知れません。計画的に進めてみて下さい。

  1. 国内で暗号資産購入
  2. Crypto.com/exchangeのアカウント開設
  3. アカウント設定
  4. 国内からCrypto.com/exchangeへ送金
  5. メタマスクインストール
  6. メタマスクへ送金

国内で暗号資産購入

国内の暗号資産取引所で任意のコインを購入します。送金用ですので、最適解はXRPです。暗号資産は変動がとても大きい資産です。送金時間がかかるコインですとその間に価格が変動してリスクとなります。XRPですと数秒~数分で送金完了します。

また、どこの取引所で購入してもいいですが、おそらくGMOコインかDMMを最終的に選ぶと思います。入出金/取引/送金手数料が無料だからです。絶対に避けなければならないのが送金手数料が%で設定されているところです。鬼です。

Crypto.com/exchangeのアカウント開設

バイビットやバイナンス、Gate.ioなどでアカウント開設した方は勝手が同じですので、問題なく進めると思います。ただ、KYCに数日営業日かかる場合がありますので、計画的に進める必要があります。証明書類としてパスポートが最適という話もありますが、日本の免許証でも大丈夫です。

公式サイト参照:Crypto.com/exchange

また、Crypto.comCrypto.com/exchangeアカウントは別ものです。プロダクトが異なります。Crypto.comは個別決済ビジネスアカウントです。クレジットカードなどの手続きとなります。こちらのビジネスは日本ではまだ始まっていません。

アカウント設定

アカウントが開設できたら先ずセキュリティー設定をしましょう。2FAコードをリンクさせましょう。ログインや入出金時のセキュリティーを上げましょう。

国内からCrypto.com/exchangeへ送金

国内で購入した暗号資産をCrypto.com/exchangeへ送金します。

XRPの場合はメモ(タグ)を添付する必要があるので忘れないでください。

入金が済んだら先ずネットワークトークンである$CROを購入してください。

これが無いとクロノスネットワークを使えません。忘れて再送金することにならないように注意が必要です。

公式サイト参照:Crypto.com/exchange
公式サイト参照:Crypto.com/exchange

メタマスクインストール

メタマスクインストール…この記事を読んでいる方はおそらくインストール済だとは思いますが、もし良く分からないという方は別途記事を参照して進めて頂ければと思います。

また、カスタムネットワーク追加は以下の入力となります。

ネットワーク名: Cronos Chain
新しいRPCURL: https ://evm-cronos.crypto.org
チェーンID: 25
記号: CROS
ブロックエクスプローラーのURL: https ://cronos.crypto.org/explorer/

公式サイト参照:Crypto.com/exchange

メタマスクへ送金

メタマスクへの送金はホワイトリスト登録があるので入金から24時間以内は送金できません。ホワイトリスト登録セキュリティーを解除するにしても24時間送金はロックされます。つまり、メタマスクをインストールした時点で直ぐに送金先ホワイトリスト登録を済ませましょう

公式サイト参照:Crypto.com/exchange
公式サイト参照:Crypto.com/exchange

クロノスネットワークのこれから

クロノスネットワークはまだまだこれからのブロックチェーンネットワークです。各Dappsは創成期です。群雄割拠と言っていいかも知れません。特に抜き出たのがMad Meercat Financeで、利用者は数万人に上っています。おそらく、このMMFを利用するためにクロノスを始めようという方が多いと思います。

クロノスはバイナンスと同じく大手CEXのバックアップがあります。これほど頼もしいことはありません。Crypto.comはオリンピックスポンサーや欧州サッカーチームスポンサーなど多くの場で名前を聞くことが多くなってきています。これで日本において個別決済ビジネスを展開してくれれば最強なんですが、どうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました