プレゼンに最適化したヘアスタイルとは?ビジネスのために髪型を選べ!(男性編)

働き方

はじめに

見た目によるアドバンテージは何度も説明してきた。イケメンなら、美女ならプレゼンを始める前にゴールにグッと近づくことができる。

見た目は変えられる。表情で、服装で、振舞いで直ぐに変えられる。何度も言ってきたことだ。

髪型だってそうだ。すぐに変えれる。いきなり伸ばすのは無理だが、髪を伸ばす計画は立てられるはずだ。当ページでは特にプレゼンにおいて好印象を与える髪型を紹介する。ぜひ参考にしてプレゼンを成功に導いて欲しい。

結論

  1. プレゼン時はベリーショートが聞き手に一番好印象を与える。
  2. トップをオールバック、七三、分けなどセットできる長さに保て。
  3. TPOに応じたセット(整髪料)を使え。
structual-reform.com

本論

決め手は清潔感だ。格式ファクターも差をつけやすいところだが、TPOを鑑みた場合、必ずしも格式が必要だとは限らないからだ。

ベリーショート

圧倒的好印象を与える。プレゼンにおいては迷うことなくベリーショートを選べ。ベリーショートの効果は比較項目だけが全てではない。上記効果の他…

  1. 清潔感
  2. 若々しさ
  3. 勢い
  4. かわいらしさ
  5. フットワークの軽さ

などなどを演出できる。また、副産物的に髪の手入れが格段に楽になる。

七三分け

一見ハードルが高いヘアスタイルのように思える。しかし、大衆性を上げることによって一気にハードルは下がる。そうなればかなり総合点が上がるはずだ。具体的に…

  1. ショートヘアで流すように七三にする。
  2. ふんわり七三にする。
  3. 六四に寄る。

ショート

ベリーショートとの違いは肌が見えているか見えていないかだ。バリカンで例えるなら6mm以上で裾えりを刈ること。また、トップはソフト系ワックスでも遊ばせることができる。容易にソフト七三やオールバックなどに変化させれる融通性があり、TPOによってはベリーショートを上回る好印象を与えるかもしれない。

オールバック

サラリーマンの定番…というのは今は昔。中堅以上、もしくは重役くらいしかこのヘアスタイルをしていないかもしれない。しかし、プレゼンにおける効果は大きい。述べた通り、中堅や重役クラスも同じヘアスタイルなら同族意識が働くかもしれない。俄然プレゼンの効果は上がる。もちろん、オデコを開けたことによる開放感(裏表無いよ)も演出する。

また、このヘアスタイルはセットなので、ショートからミディアム、パーマなどの質の変化にも対応できる。ビジネス用にオールバックができるような髪の長さを保つというのはどうだろうか?

センター分け

ポマードでキッチリ固められたセンター分けをイメージした方は多いだろう。しかしそうではない。あくまでセンターから分ける。それによってロジカルな印象を聞き手に与えることができる。また、オデコも見せることで開放感を演出できる。そして、横に流した髪は色気を演出する。

スキンヘッド

あらゆる項目で高い好印象を与える。どうしても日本人はスキンヘッドをイジる対象として見てしまう文化がある。多くの人がTVショーなどでお笑いの方たちがよくハゲイジりをしていたのを見て育ったからだろう。しかし、世界的に見ればブルース・ウィルスやドミニク・トレッド、リー・クリスマスなど一流俳優イケメンたちはスキンヘッドだ。美的センスとして評価されている。

もし、読者の中で薄い方がいれば、思い切って世界の美的潮流に乗ってもいいのではないだろうか。こればかりは一手に勧める事はできないが、プレゼンの効果は薄毛より格段に上がるということだけは言っておく。

また、スキンヘッドで問題になる汗だが…これは注意してほしい。気づいたら拭くか、制汗剤の効果があるものを使うかしてもらいたい。清潔感という側面を崩壊させる可能性がある。要注意だ。

ツーブロック

若手ビジネスマンに流行?というかデフォルトになっている感すらある。やり過ぎると格式を蔑ろにし、ビジネスの常識を持っている方たちを逆なでする。気をつけるべきは

  1. トップを長くし過ぎない。
    おろした時に耳ライン前後がいいだろう。職場によっては長くしてもいいが、空気を読め。
  2. バリカンは5mm前後に設定しろ。
    肌が見える刈込は危険だ。パンクな感じが出てくる。パンク文化はプレゼンを真っ向から否定する。少なくとも、肌が見えるか見えないかくらいで落ち着かせろ。剃るなど論外。

ボウズ

体育会系の雰囲気の職場なら、一定の好印象は与えるだろう。注意すべきは自分でカット代が高いからといってバリカンで済ませるボウズだ。襟がどうしてもズサンになる。それは知性や格式といった印象を著しく傷つける。

ウルフカット

カッコいいし、ワイルド感が出て男らしさがアップする。しかし、それらの要素はプレゼンではあまり重要ではない。ベリーショートで少しトップを長くしておいて、プライベートにウルフスタイルにすればどうだろうか?

ミディアム

大人な雰囲気を演出し、色気が出るだろう。しかし、それらはプレゼンでは必要ない。もし、高級ブランドの営業やハイブランドリテールのセールスの人なら…合ってなくもない。

パーマ

髪のボリュームが上がりエネルギッシュな印象を与える。そして、色気と余裕を演出する。アート系のセールス、プレゼンなら一定の効果を発揮する。一般的なビジネスプレゼンではそれほど期待できないヘアスタイルだ。

ソフトモヒカン

ソフトという概念とモヒカンという概念が互いにぶつかり合っている。混ぜて中性的なイメージといえば肯定的だが、実態は「どっちつかず」を暗に演出する。もっとハッキリ言うと中途半端を演出する。プレゼンには圧倒的不向きなヘアスタイル。大衆性は高い。プライベートでする髪型ということだ。

マッシュ

プレゼンでは不利。オデコも隠れるし、耳も隠れる。それは隠匿性を演出し、プレゼン自体を否定する。また、サラサラしたヘアをイジる動作もプレゼンにおける振舞いでは不快感を与えるのでNGだ。あくまで聞き手を説得して共感してもらい、行動に移してもらう過程だ。自分に籠る場ではない。

束スタイル

髪を束ねるという行為自体は「決意」を演出する。一見、プレゼンにとっては良い印象のように思える。しかし、そもそも悪魔的な不潔感が伴う。当ページは男性ヘアスタイル編だ。どんなにサラサラヘアで美しい髪でも長くて束ねるということ自体に清潔感を削ぐ効果があるということを知って欲しい。

ロング

ビジネスでプレゼンをしようという方でそもそもロングヘアの男性はいるだろうか?私はみたことがない。クリエイター業界のプレゼンならいるのかもしれないが…いるのか?束ねてればまだいい。束ねてないということで浮遊感を演出してしまう。強いメッセージ性を必要とするプレゼンには絶対的不利なヘアスタイル。

さいごに

  1. プレゼン時はベリーショートが聞き手に一番好印象を与える。
  2. トップをオールバック、七三、分けなどセットできる長さに保て。
  3. TPOに応じたセット(整髪料)を使え。

髪型をちょこっと変えるだけでプレゼンの合否に大きなアドバンテージを貰えるならやらない手はない。そもそも人の印象は6割が見た目。そして、変えられる見た目は変えていこう。今回はヘアスタイルに特化したプレゼン成功術、印象向上方法の情報だったが、別ページでプレゼンに最適化すべき「声」に特化した情報も発信している。是非参照ねがいたい。

当ページ情報が読者のプレゼン成功に少しでも寄与できたら幸いでもまたプレゼン成功に関する情報を載せるので見に来て下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました