米国のアフェリエイト事情

働き方
YOU
YOU

アフェリエイト発祥の地、アメリカのアフェリエイトを利用したいです。どんなのがあります?

米国のアフェリエイトの仕組みは4つ

1.Cost per mile
広告1000回表示されるごとに報酬が入るタイプ。
2.Pay per sale
ページ訪問者が商品購入したものの値段からキックバックされる方式。
3.Pay per click
バナーリンクをページ訪問者がクリックすることで報酬が発生する方式。
4.Pay per lead
広告からメールアドレスや個人情報を登録した時点で報酬が発生する方式。

日本の何十倍もの市場を有す英語圏でアフェリエイトをすることは大きな利益を生むでしょう。注意すべき点は税金です。アメリカ在住ではないユーザーは、個人向けのフォームである「W-8BEN」または法人向けのフォームである「W-8BEN-E」に必要事項を記入して送付してください。

CPMタイプのアフェリエイト会社

BuySellAds

・独自ドメインサイトのみ登録可。
・最低ページビューなし。
・CPM再大手。

PPCタイプのアフェリエイト会社

Google Adsense

年々承認が難しくなっています。しかし、一度審査に通ればターゲティング広告でページ訪問者の消費意欲を見抜いた広告表示をしてくれるので非常に先進的で楽です。

Media Net

Yahoo-Bingが提供するコンテンツ連動型広告です。
審査はGoogleより厳しいと言われています。
最大手グーグルの二番手という位置づけです。

Revcontent

ウィジェットの高速表示、収益性が他サイトより20%以上高くなるとアピールしています。審査が厳しいため、レビュー数が少なすぎることが残念です。

PPSタイプのアフェリエイト会社

CJ by conversant

PPS最大手。
日本語での登録ルートあり。
広告主も3000社以上で、アフェリエイターの嗜好にあった商品が見つかりやすいでしょう。

ShareASale

広告主は3000以上。ShareASale独占の広告もあります。
報酬を受ける事ができたらCPCも受けられるようになります。

おわりに…

英語圏の消費者にどうにかアプローチしたいと思っている方も多いと思います。英語圏の商品を日本人に紹介するために米国ASPを探している方もいると思います。ご自身のブログ記事の方向性、読者の特性に合っていれば導入してもいいかと思います。ぜひ頑張ってください。応援しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました